三菱、2020年度までに新型14車種を投入…SUVと電動車により特化

新車 レスポンス

三菱自動車の相川哲郎社長は2月3日、都内にある本社で会見し、2017年度から20年度までに14の新型車を投入し、SUVと電動車により特化した商品構成とする方針を明らかにした。

相川社長は「今後大幅に需要が拡大するSUVと電動車は、まさに三菱が得意としてきた分野であり、このSUVと電動車に集中してさらに技術を磨いて、お客様の期待を超える車を提供していきたい」と表明した。

まずSUVの商品計画に関しては「大型SUVについては『パジェロ』と、『パジェロ スポーツ』に加え、ピックアップトラック『トライトン』の3車種に変更はないが、これから需要増が見込まれる中小型SUVを充実させていく。まず小型SUVのセグメントに『アウトランダー』と『RVR』の中間サイズになる新しい小型SUVを2017年度に投入する。中型SUVのアウトランダーは2018年度にフルモデルチェンジする計画。小型SUVのRVRに次期車は2019年度に投入する」とした。

さらに「三菱らしいユニークな商品としてSUVテイストのMPVを強化する。『デリカD:5』は燃費、静粛性をさらに向上させたクリーンディーゼルエンジンと4WDシステムを採用した次期車の投入を17年度に計画。またインドネシアではMPV需要に対応すべくコンパクトでリーズナブルな全く新しいSUVテイストの小型MPVを17年度に投入する。この小型MPVはインドネシア新工場で生産し、周辺のASEAN各国にも輸出する計画」と付け加えた。

一方、電動車に関しては「SUVラインアップを強化するとともに、17〜19年度に投入する中小型SUVそれぞれに電動車を設定する。現在、プラグインハイブリッド(PHV)はアウトランダ―1車種だが、新小型SUVにもPHVシステムを搭載し、2車種とする。またRVR次期車には昨年の東京モーターショーで世界初披露したコンセプトカーをイメージしたEVを導入する」と述べた。

新たに導入する電動車について相川社長は「前後のツインモーターで4駆の電動車であることを特徴として打ち出す」とした上で、「開発に時間がかかるのでベースの車が出てから1年以内には出す計画」と明かした。

  • 小松哲也
  • 三菱自動車 アウトランダー PHEV《撮影 小松哲也》
  • 三菱自動車 RVR《撮影 小松哲也》
  • 三菱自動車会見《撮影 小松哲也》
  • 三菱自動車会見《撮影 小松哲也》
  • 三菱 eXコンセプト(東京モーターショー15)《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ