フェラーリ FF、間もなく大幅改良へ…得意客への招待状から判明

新車 レスポンス

イタリアの高級スポーツカー、フェラーリの4シーター車『FF』。同車の大幅改良モデルが、デビューから約5年を経て、初の大幅改良を受ける。これは、フェラーリが選ばれた顧客に送った招待状から判明したもの。外観を中心に、リニューアルが施されるのが、見て取れる。

フェラーリFFは2011年春、ジュネーブモーターショー11で発表。最大出力660psを発生する6.3リットルV型12気筒ガソリンエンジンに4WD、4シーターという組み合わせ。0-100km/h加速3.7秒、最高速335km/hと、フェラーリのフラッグシップに相応しい性能を誇る。

FFはフェラーリ初の4WD車。フェラーリが特許を取得した「4RM」と呼ばれる4WDは、従来の4WDシステムと比べて重量を50%削減し、フロント47%、リア53%という優れた重量配分を達成する。

また、4RMは電子制御システムと完全統合。4輪に継続的かつ高精度にトルクの予測配分を行う。フェラーリによると、地形や路面コンディションを問わず、最高の走破性を実現しているという。

  • 森脇稔
  • フェラーリ FF(現行モデル)
  • フェラーリ FF 改良モデルのスクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • フェラーリ FF 改良モデルのスクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ