【デリーモーターショー16】ホンダ、新型クロスオーバー BR-V をインド初公開

新車 レスポンス

ホンダのインドにおける四輪車生産販売会社であるホンダカーズインディア・リミテッド(HCIL)は、2月3日に開幕した「第13回 デリーモーターショー(オートエキスポ)」で、新型クロスオーバー『BR-V』をインド初公開した。

BR-Vは、SUVらしい外観とハンドリングに加え、7人が乗れる広々とした室内空間と多彩なユーティリティを兼ね備えたモデルで、アジア市場をメインターゲットとして開発。1.5リットル i-VTECエンジンに、6速MTやCVTを組み合わせることで、スポーティーな走行性能と優れた燃費性能を両立している。

新型BR-Vはインドで今年中に発売され、2015年12月のインドネシア、2016年1月のタイに続いて、3番目の販売国となる。

またホンダは、コンセプトモデル「ホンダプロジェクト2&4パワードバイRC213V」の2人乗り仕様を世界初公開。同モデルは、世界中の二輪車・四輪車デザインスタジオから80名以上のホンダデザイナーが参加して行われた社内コンペで選ばれたコンセプトモデル。1人乗り仕様を2015年のフランクフルトモーターショーで世界初披露している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダプロジェクト2&4パワードバイRC213V(2人乗り仕様)
  • ホンダプロジェクト2&4パワードバイRC213V(2人乗り仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ