【デリーモーターショー16】FCA、ジープブランドのインド進出を発表

新車 レスポンス

欧米の自動車最大手、FCAは2月3日、インドで開幕したデリーモーターショー(オートエキスポ16)において、ジープブランドのインド進出を発表した。

当初、インドで販売するジープ車は、3車種。『ラングラーアンリミテッド』、『グランドチェロキー』およびその高性能版の『グランドチェロキーSRT』。デリーモーターショー16では、これら3車種をインド初公開している。

販売開始は、2016年の半ばを予定。2016年はジープブランドにとって、ブランド誕生75周年の節目でもある。

ジープブランドは2015年、全世界で120万台以上を販売。4年連続で販売記録を更新した。

ジープブランドのマイク・マンレー代表は、「世界市場におけるジープブランドの積極的な拡大は、FCAの現在の世界販売の勢いの大きな要因のひとつ」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ