日産、帰宅困難者対策訓練に参加…EVを活用した災害時の新しい可能性を実演

エコカー レスポンス

日産自動車は、2月8日に実施される「平成27年度 東京都・千代田区合同帰宅困難者対策訓練」に参加すると発表した。

同訓練は、首都直下地震により、多数の帰宅困難者が発生したとの想定で、駅、商業施設、公共施設管理者などが連携し、混乱の防止や安全確保に努めるもの。今回は、東京駅、飯田橋駅、四ツ谷駅、秋葉原駅など各駅周辺で実施される。

日産は、会場となる日比谷公園で、『リーフ』『e-NV200』による、災害発生直後の帰宅困難者を一時的にサポートすることを想定した電力供給を実演。AESC社製の外部供給電器「リーフto100V」を介して、リーフから暖房機器やモニターなどの電気機器へ電力供給を行う。またe-NV200では、車内2か所に設置しているパワープラグ(100Vコンセント)から直接最大1500Wの電力を取り出し、「動く蓄電池」としての価値を提案する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産 リーフ《撮影 雪岡直樹》
  • 日産 e-NV200
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ