ヤマハ発動機、YZF-R1 などでiFデザインアワードを3年連続受賞

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、スーパースポーツ『YZF-R1』と、エンジン音を翻訳するアプリ「レヴ トランスレーター」が世界的デザイン賞である「iF デザインアワード」を受賞したと発表した。

YZF-R1はプロダクト部門、レヴ トランスレーターはコミュニケーション部門での受賞。同社にとってプロダクト部門は3年連続、コミュニケーション部門は初受賞となる。

YZF-R1は、MotoGPマシン「YZR−M1」の技術思想を体感できるサーキット最速のポテンシャルを備えるモデルとして開発した、スーパースポーツの新型フラッグシップモデル。デザインは、YZR-M1のイメージを投影するとともに「Speed Racer」をコンセプトにイノベーションを図り、新たなR-DNAを構築した。

レヴ トランスレーターは、世界初のエンジン音を翻訳するスマートフォン向けアプリ。翻訳キャラクターは性格別に6種類あり、セリフは1億通り以上の組み合わせ。エンジン音によって喜怒哀楽が表示され、時間や天気でもセリフが異なる。

iF デザインアワードは、ドイツ・ハノーファーを拠点とするデザイン振興を目的とした国際的組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が1953年から主催しているデザイン賞。毎年、全世界の工業製品等を対象に優れたデザインが選定されている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スマートフォンアプリ「Rev Translator」
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ