タカタ第3四半期決算、最終黒字25億円…リコール費用負担金は予測困難で織り込めず

業界 レスポンス

タカタは2月5日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は5434億2300万円(前年同期比+15.7%)、営業利益は321億7500万円(+37.7%)、経常利益は293億6900万円(+5.8%)、四半期純利益は25億1900万円(前年同期は324億8200万円の赤字)だった。

売上高は、米州やアジア地域での増収が貢献して前年同期比15.7%の2ケタ増。営業利益も国内や欧州では減益となったが、主に米州、アジアで増益となり、32.8%の大幅増となった。経常利益は為替差損が影響して5.8%増。特別損失としてエアバッグ・リコール関連費用104億円、NHTSAへの民事制裁金等85億円などもあったが、最終損益は25億1900万円の黒字を確保した。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。なお、エアバッグ関連のリコール費用については、現時点では原因について調査中であり、タカタグループの負担金額などを合理的に見積ることは困難であるとし、織り込んでいない。

  • 纐纈敏也@DAYS
ランキング
中古自動車中古バイク
カーライフ注目情報
自動車&バイクについて
gooサービス
goo 自動車&バイク:
自動車&バイクトップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ