【MotoGP】2016年、2つの大きなルール変更…ウインターテスト開始

モータースポーツ レスポンス

MotoGP 2016年シーズンの幕開けを告げる公式テストが、2月1日〜3日の3日間、マレーシアのセパン・サーキットで行われた。

30度を超える猛暑のなか、ホンダのマシンで参加したのは『Repsol Honda Team』のマルク・マルケスとダニ・ペドロサ、『LCR Honda』のカル・クラッチロー、『Estrella Galicia 0,0 Marc VDS』のティト・ラバトの4選手。

今シーズンは、2つの大きなルールの変更がある。まず、14年から採用するECU(エンジン・コントロール・ユニット、エンジン制御を司るコンピューター)の共通ハードウエアに続き、今年から全車共通のソフトウエアが採用されること。そしてもうひとつは、MotoGPクラスに供給されるタイヤが、ブリヂストンからミシュランへと変わる。

よってウインターテストは、マシンづくりに大きな影響を及ぼすこの2つの変更点を確認しながら、マシンの調整を行う必要があり、マレーシア、オーストラリア、カタールと続く3度のテストは、これまでになく重要なものになりそうだ。

  • 青木タカオ
  • Repsol Honda Teamのダニ・ペドロサ。画像:ホンダ
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス。画像:ホンダ
  • Repsol Honda Teamのダニ・ペドロサ。画像:ホンダ
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス。画像:ホンダ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ