【シカゴモーターショー16】スバル インプレッサ XV、米国で限定車…鮮烈な赤

新車 レスポンス

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは2月9日、『XVクロストレック』に「スペシャルエディション」を設定すると発表した。実車は2月11日、米国で開幕するシカゴモーターショー16で初公開される。

同車は、XVクロストレック(日本名:『インプレッサXV』)をベースにした米国向け限定車。米国市場で2016年春、1500台が限定発売される。

XVクロストレック・スペシャルエディションのボディカラーは、鮮やかなピュアレッド。このボディカラーに合わせて、内装にも赤を使用。シートのステッチをはじめ、ステアリングホイール、シフトレバー、ドアトリムに赤いアクセントが配される。

この他、XVクロストレック・スペシャルエディションでは、「STAR LINK 6.2」と呼ばれるマルチメディア対応オーディオを採用。ワンタッチのジェスチャーディスプレイを標準装備するなど、装備の充実が図られた。

2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンに変更はない。最大出力148hp、最大トルク20kgmを発生。トランスミッションは、CVTが用意されている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ