ホンダ、新開発エンジン搭載の CRF1000L アフリカツイン を発売

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、新開発のエンジンを搭載したアドベンチャーモデルの『CRF1000L アフリカツイン』を、2月22日に発売する。

CRF1000L アフリカツインは、1988年に誕生した、市街地のオンロードから高速道路さらには未舗装路まで、さまざまな道を走破できるアドベンチャーモデル。「どこへでも行ける」「True Adventure」を開発コンセプトに、次世代アドベンチャーモデルにふさわしい装備や技術を搭載したモデルとして開発した。

新開発の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒998ccエンジンを搭載。エンジンは270度位相クランクによる不等間隔爆発および、ツインプラグの「位相点火制御システム」などを採用することで、優れたトラクション性能を発揮する。また、軽量でありながら十分な剛性を確保する「セミダブルクレードルフレーム」の採用によってオフロードでの優れた走行性能とオンロードでの安定感のあるハンドリングを両立。

さらに、二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション」によってオンロードからオフロードまでライダーの感覚に沿うようにコントロール性能を向上させた。荒れた路面でも効率よく動力を伝達する「セレクタブル トルク コントロール」を全車に標準搭載する。

ボディカラーはヴィクトリーレッド、パールグレアホワイト、デジタルシルバーメタリックの3色を設定。

価格は135万円から149万400円。

  • 徳田龍磨
  • ホンダ CRF1000L Africa Twin(パールグレアホワイト)《画像 本田技研工業》
  • ホンダ CRF1000L Africa Twin(デジタルシルバーメタリック)《画像 本田技研工業》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ