メルセデスCクラス、史上初のカブリオレ設定へ

新車 レスポンス

メルセデスベンツの主力車種、『Cクラス』。同車に間もなく、オープン版の「カブリオレ」が登場する。

これは2月14日、メルセデスベンツが公式Facebookページで明らかにしたもの。「Cクラス史上初めて、カブリオレを設定する」と公式発表している。

Cクラスのカブリオレといえば、『CLK』に存在した。しかし、CLKは事実上、『Eクラスクーペ』と『Eクラスカブリオレ』に上級移行し、消滅。その後、メルセデスベンツは顧客のニーズに応えて、『Cクラスクーペ』を投入した経緯がある。

Cクラスカブリオレは、最新の『Cクラスクーペ』をベースに開発される。4シーターで、ソフトトップを備えたオープンカーになる。

なお、メルセデスベンツは公式Facebookページを通じて、Cクラス カブリオレの予告スケッチを1点配信。スタイリッシュな4シーターカブリオレの姿が見て取れる。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ