グッドイヤーの決算、セグメント営業利益は18%増…2015年

業界 レスポンス

米国のタイヤ製造大手、グッドイヤー・タイヤ&ラバー(以下、グッドイヤー)は2月9日、2015年通期(1‐12月)の決算を開示した。

同社の発表によると、売上高は、164億4300万ドル(約1兆8653億円)。前年の181億3800万ドルに対して、9.4%の減収となった。これは、為替相場の影響による部分が大きいという。

また、2015年通期のセグメント営業利益は、20億2200万ドル(約2294億円)。前年の17億1200万ドルに対して、18.1%の増益となっている。

2015年の年間タイヤ販売は、1億6620万本。前年比は3%増だった。交換用タイヤの出荷は、前年比2%増。自動車メーカーへの納入は、前年に対して3%増えた。

グッドイヤーのリチャード・J・クレーマー会長兼CEOは、「セグメント営業利益が20億ドルを突破したのは、117年の歴史で初めて」と語っている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ