MINI クラブマン 新型に「オール4」…新世代4WD搭載

新車 レスポンス

BMWグループのMINIは1月下旬、欧州向けの新型『クラブマン』に「オール4」を設定すると発表した。

同車はMINIのCセグメント車としては、初の4WD車。すでにMINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)にオール4が用意されているが、今度は新型クラブマンにオール4を拡大展開する。

新型クラブマン用のオール4は、新開発の4WDシステム。MINIは新型クラブマンのために専用開発を行い、ハンドリングのスポーティ性や、日常的な使い勝手を高めている。

この4WDシステムは、路面の状態や走行状況に応じて、前後アクスルに最適な駆動トルクを配分。MINIによると、従来よりも軽量コンパクト化することにより、FF車とほぼ変わらない燃費とCO2性能を実現しているという。

MINIは欧州仕様の新型クラブマンで、ガソリンの「クーパーS」とディーゼルの「クーパーSD」にオール4を設定。欧州では4月から、販売を開始する。

  • 森脇稔
  • 新型 MINI クラブマン オール4
  • 新型 MINI クラブマン オール4
  • 新型 MINI クラブマン オール4
  • 新型 MINI クラブマン オール4
  • 新型 MINI クラブマン オール4
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ