【VW ゴルフトゥーラン 新型】シンプル&クリーンから、スポーティ&ダイナミックに

新車 レスポンス

フルモデルチェンジしたVW『ゴルフトゥーラン』のデザインは、これまでのシンプルでクリーンなデザインは踏まえつつ、よりスポーティでダイナミックなデザインに生まれ変わったという。

ゴルフトゥーランの、「シンプルでクリーンなデザインはこれまでもユーザーが高く評価されてきた」と話すのは、フォルクスワーゲングループジャパンマーケティング本部プロダクト・マーケティング課の山谷浩之氏だ。そして、その高評価は生かしつつ、新型では、「スポーティでダイナミックなデザインに生まれ変わった」という。

具体的には、昨今のVW同様水平基調のデザインを採用し、「視覚的にもワイド&ローの印象が強まったフロントビューは以前よりもシャープで、精悍な顔つきになった」とコメント。

また、サイドビューは、前後のオーバーハングを短く、ホイールベースを長くしたことで、「よりモダンでスポーティなプロポーションを実現した」。更にボディサイドの力強いホイールアーチと彫りの深いキャラクターラインが視覚のアクセントとなっており、「伸びやかでスタイリッシュな印象を与えている」と話す。

リアエンドは横長のコンビランプを採用することで、フロントと同様、水平基調のデザインとなっている。更にサイドから伸びたキャラクターラインが左右のテールランプの両端を結んでおり、その中央に配されたVWエンブレムを強調している。このキャラクターラインは、「車両全体の造形的な一体感を高める役割を果たしている」と山谷氏。

なお、山谷氏によると、「このスポーティなデザインをより一層強調したR-Lineを今年中ごろに追加導入する予定だ」とし、「とりわけエアロ系ミニバンの人気が高い日本市場においてゴルフトゥーランでは初の採用となるR-Lineによって新たな顧客を開拓できるポテンシャルがあると考えている」と語る。

今回、新型ゴルフトゥーランのボディカラーにはカリビアンブルーメタリックとアトランティックブルーメタリックのブルー2色が新色として設定された。このカリビアンブルーメタリックは、「明るめの色味によって若々しい印象を与え、アトランティックブルーメタリックは、深みのある濃いブルーによって上質で落ち着いた印象を与えている」と述べた。

  • 内田俊一
  • VW ゴルフトゥーラン《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフトゥーラン《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフトゥーラン《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフトゥーラン《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフトゥーラン《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフトゥーラン《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフトゥーラン《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ