【デリーモーターショー16】タタのコンパクト、ボルトに「スポーツ」…1.2ターボは110馬力

新車 レスポンス

インドの自動車大手、タタモーターズは2月3日、インドで開幕したデリーモーターショー(オートエキスポ)16において、『ボルト・スポーツ』を初公開した。

『ボルト』は2014年2月、デリーモーターショー14で発表。ボルトは小型の5ドアハッチバックで、インドで主力のコンパクトカーに位置付けられる。同時に、グローバル市場も意識した小型車。

ボルトには、タタモーターズの新デザイン言語を導入。このデザイン言語は、「デザインネクスト」と命名され、従来のタタ車にはない新形状のフロントマスクが採用された。ダイナミックなシルエットも追求。

ガソリンエンジンは、新開発の1.2リットルターボの「REVOTRON」を搭載。セグメント初となるターボチャージャー、インタークーラー、電子燃料噴射などの特徴を持つ。最大出力は90ps、最大トルクは20.4kgm。トランスミッションは5速MTと、クラス初の「Fトロニック」と呼ばれるセミATを設定する。

今回、デリーモーターショー16で初公開されたボルト・スポーツは、ボルトの高性能版。Jayemオートモーティブと共同開発。1.2リットルターボは、各部のチューニングにより、最大出力を110psへ引き上げた。トランスミッションは5速MT。0-100km/h加速は12秒以内の性能。内外装も、スポーティ性が強調されている。

  • 森脇稔
  • タタ ボルト スポーツ
  • タタ ボルト スポーツ
  • タタ ボルト スポーツ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ