ホンダ、インドのスクーター専用新工場が稼働開始…年間生産能力120万台

モーターサイクル レスポンス

ホンダは2月17日、インド現地法人 ホンダモーターサイクル&スクーターインディアがスクーター専用生産工場としてグジャラート州に建設した第4工場の稼働を開始したと発表した。

新工場は、ホンダが110億ルピー(約182億円)を投資して設立した年間120万台のスクーター専用生産工場。各60万台の生産能力をもつ第1、第2ラインからなり、第1ラインは今月より稼働を開始、第2ラインは2016年半ばに稼働を開始する予定だ。これにより、ホンダのインドにおける二輪車年間総生産能力は580万台へと拡大する。

インドは、ホンダ二輪車の全世界販売のうち25%を占める重要市場。今後、インド政府の主導で道路整備が進み、スクーター市場のさらなる拡大が予測されている。ホンダは新工場の稼働開始で生産能力を増強。需要拡大に対応していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ アクティバ3G
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ