【デリーモーターショー16】フィアット リネア に「125S」…スポーティセダン

新車 レスポンス

イタリアのフィアットは2月3日、インドで開幕したデリーモーターショー(オートエキスポ)16において、『リネア125S』を初公開した。

『リネア』はフィアットの小型セダンとして、2006年に発表。ハッチバックの『グランデ・プント』のセダン版に位置付けられる。リネアは、イタリア語で「ライン」を意味し、Cセグメントのセダンとなる。

今回、デリーモーターショー16で初公開されたリネア125Sは、リネアのスポーティ版。車名の「125」は、パワースペックに由来する。

1.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力125ps/5000rpm、最大トルク21.4kgm/2200rpmを発生。フィアットによると、インドの同セグメントで最もパワフルという。

リネア125Sの外観は、専用エアロパーツやアルミホイールで、スポーティに演出。内装は、グレーとホワイトのツートンで仕上られる。

  • 森脇稔
  • フィアット リネア 125S
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ