アストンマーティン ラピード の市販EV、中国企業と共同開発へ

業界 レスポンス

英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンは2月17日、中国のLeEco社と市販EVを共同開発することで合意した、と発表した。

アストンマーティンは2015年10月、EVコンセプトカーの『ラピードE』を英国で初公開。同車は、アストンマーティンの4ドアスポーツカー、『ラピード』をベースに、EVパワートレインを搭載したコンセプトカー。

アストンマーティンは2018年までに、このラピードEを市販化する計画。アストンマーティンにとって、初の市販EVとなる。

このラピードE の市販モデルを共同開発することになったのが、中国のIT企業、LeEco社。同社の旧社名は、「Letv」(楽視)。アストンマーティンは2015年12月、Letvとの間で、研究開発プロジェクトを共同で行うことで合意していた。今回、LeEco社との協力関係をさらに深め、ラピードEの市販化に向けた共同開発を進める。

アストンマーティンのアンディ・パーマーCEOは、「アストンマーティンは優れた環境技術を備えたいくつかの車の開発に注力していく」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • 市販EVの共同開発で合意したアストンマーティンと中国LeEco社
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ