【F1】ウイリアムズ、2016年型マシン「FW38」を公開

モータースポーツ レスポンス

F1世界選手権に参戦するウイリアムズは19日、今季モデルのマシン『FW38』を公開した。

昨年、一昨年とフェリペ・マッサ、バルテリ・ボッタスのコンビでコンストラクターズ(チーム)ランキング3位に入った名門ウイリアムズ。今年はさらにライバルを打倒すべく、昨シーズンの早い段階から開発に着手していた。

ホームページ上に公開されたマシンは、カラーリングや外観の各パーツの形状とも昨年のもの大きく変わらない。しかし、これまでよりも著しく前進したマシンになっているとのことだ。

創始者でありチーム代表でもあるフランク・ウイリアムズ氏は「ウイリアムズ・チームは2年連続で選手権3位を獲得した。そして今年は我々のポジションをさらに強固なものにしつつ、前を行くチームの背中を捉える」とコメント。昨年は手が届かなかったメルセデス、そしてフェラーリ攻略に意気込んでいる。

また副代表のクレア・ウイリアムズは「2016年はとてもコンペティティブなシーズンになる」と強調。「この冬の間に大幅な進化を遂げた自信がある。FW38はFW37の強かった点を元に作り上げ、弱点も克服している」とコメントを発表している。

ドライバーは引き続きマッサとボッタスのコンビ。パワーユニットは引き続きメルセデス製だ。昨年は途中まで力強い走りを見せていたものの、終盤戦は失速。その分、チームの大半の力をこのマシンの開発に費やしてきたとのこと。この勢いで今年は表彰台の頂点を奪えるか、注目が集まる。

なお、このマシンは早速22日からスペイン・バルセロナで始まる1回目の公式テストに登場予定だ。

  • 吉田 知弘
  • ウイリアムズの今季型F1マシン『FW38』《画像 Williams》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ