【F1】新規参入のハース、チーム初のマシン『VF-16』を発表

モータースポーツ レスポンス

2016年からF1世界選手権に新しく参戦するハースF1チームが21日、陣営にとって1代目となるF1マシン『VF-16』を発表した。

アメリカに拠点を置くハース。元はNASCARシリーズなどでチームを運営していたジーン・ハースが立ち上げたチーム。かつてインディカーなどで活躍したニューマン・ハース・レーシングとはつながりがなく、F1へは完全な新規参入となる。パワーユニットはフェラーリ製のものを使う。

ドライバーはロータスで長年活躍してきたロマン・グロージャンがエースとして加入。チームメイトにはフェラーリのリザーブドライバーを務めていたエステバン・グティエレスがすでに決定している。

今回、ホームページ上で公開された『VF-16』。カラーリングはチームカラーをそのまま採用し、ダークグレー、ライトグレー、赤がベースのデザイン。両サイドにはチームの本拠地があるアメリカ国旗も確認される。外観の形状は「ショートノーズ」など現在の主流になっているものを採用。近年、新規チームや下位チームは資金面が影響し、開幕直前までマシンが間に合わなかったり、マシンの戦闘力も十分に整わなかったりする場面もあったが、今回のハースはバルセロナテスト前日までにきっちりマシンを整えてきた。

予定では22日の初日からテストに参加するとのこと。どんな走りを見せるのか、目が離せない。

  • 吉田 知弘
  • 新規チームのハースが『VF-16』を発表《画像 HaasF1Team》
  • 新規チームのハースが『VF-16』を発表《画像 HaasF1Team》
  • 新規チームのハースが『VF-16』を発表《画像 HaasF1Team》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ