【ジュネーブモーターショー16】ブリヂストン、ランフラットタイヤ DRIVEGUARD などを展示

業界 レスポンス

ブリヂストンは、3月1日から13日までスイスで開催される「ジュネーブ国際モーターショー」に出展する。

同社ブースでは、「イノベーションで一人ひとりを支える」をテーマとして、「イノベーティブな世界観」と「心地よい、おもてなし空間」をベースに、「技術イノベーションゾーン」「プレミアムカテゴリー商品ブランドゾーン」「Firestoneブランドゾーン」の3エリアに分けて製品や技術を紹介する。

技術イノベーションゾーンでは、タイヤの空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるランフラットテクノロジーを採用した「DRIVEGUARD」を欧州モーターショーで初展示。そのほか、狭幅化によって空気抵抗を低減し、大径化により転がり抵抗を大幅に低減する次世代低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」など、同社の技術イノベーションを代表する商品・技術を展示する。

プレミアムカテゴリー商品ブランドゾーンでは、グローバルプレミアムブランド「POTENZA」「TURANZA」の代表的な商品や、「POTENZA S001」を装着するBMW『i8』を展示。Firestoneブランドゾーンでは、ブランドヒストリーや欧州向けに販売している補修用タイヤの展示とともに、同社グループが独占してタイヤ供給を行っているインディカーレースの映像を通じて、同ブランドについて紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ