【ホンダ アフリカツイン】オフロードでの走破性を考え、譲れなかったフォーク径45mm

モーターサイクル レスポンス

「フロントフォークのインナーチューブ径は45mmに」

開発責任者の「43mm径で」という提案を真っ向から否定。「オフロードでの走りを考えると、45mm径にこだわりたかった」という。ホンダのニュー・アドベンチャースポーツ『CRF1000L アフリカツイン』の開発スタッフ、本田技術研究所二輪R&Dセンターの今井良幸氏の言葉だ。

足まわりを担当した同氏は、自らもバハ1000など海外ラリーに参戦するオフロード好き。CRF1000L アフリカツインには、路面からの衝撃吸収性に優れるロングストロークの倒立式フロントフォークを採用し、クラストップレベルの230mmのストローク量を確保。さらに、あらゆる路面状況に対し、セッティングを可変できるフルアジャスタブル機構を持たせた。

そしてリアサスペンションにも、工具を使わなくともプリロードの調整ができるダイヤル式油圧アジャスターを持つフルアジャスタブルタイプを装備。ストローク量はやはりクラストップレベルで、アクスルストローク量は220mm。250mmという余裕の最低地上高と相まって、オフロードでの走破性を大幅に向上している。

また、スイングアームはオールアルミの一体鋳造に。軽量化と車体のスリム化を実現するとともに、リンクアームとリンクコンロッドにアルミ鍛造パーツを用いるなどして、高剛性と強度を両立。

ホイールサイズはフロント21、リア18インチとし、軽量アルミリムにそれぞれ90/90-21、150/70R18サイズのラジアルタイヤを履く。中空アクスルピボットボルトの採用など、今井氏は高速走行からオフロード走行まで幅広い使用範囲を想定し、CRF1000L アフリカツインの足まわりを徹底して強化した。

  • 青木タカオ
  • 本田技術研究所二輪R&Dセンターの今井良幸氏。《撮影 青木タカオ》
  • CRF1000L Africa Twinメディア向け技術説明会にて。《撮影 青木タカオ》
  • インナーチューブ径45mmの倒立式フロントフォークを備えるCRF1000L Africa Twin。《画像 ホンダ》
  • CRF1000L Africa Twinのリアショック。ダイヤル式油圧アジャスターを備える。《撮影 青木タカオ》
  • 軽量アルミリムを採用したCRF1000L Africa Twin。《撮影 青木タカオ》
  • アルミ製スイングアームを備えるCRF1000L Africa Twin。《撮影 青木タカオ》
  • インナーチューブ径45mmの倒立式フロントフォークを備えるCRF1000L Africa Twin。《画像 ホンダ》
  • インナーチューブ径45mmの倒立式フロントフォークを備えるCRF1000L Africa Twin。《画像 ホンダ》
  • インナーチューブ径45mmの倒立式フロントフォークを備えるCRF1000L Africa Twin。《画像 ホンダ》
  • CRF1000L Africa Twin開発陣。メディア向け試乗会にて。《撮影 青木タカオ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ