【ホンダ アフリカツイン】Vツインを捨て、パラレルツインを新開発

モーターサイクル レスポンス

ホンダのニューモデル『CRF1000L アフリカツイン』は、完全新設計の直列2気筒998ccエンジンを積む。

ボア×ストローク:92.0×75.1mm、最高出力68ps/7500rpm、最大トルク95kg-m/6000rpmを発揮。そのニューエンジンの開発設計を担当したのは、本田技術研究所二輪R&Dセンターの飯田晃祥氏だ。

2月中旬、福島県いわき市のモトクロスコース、モトスポーツしどきでおこなわれたメディア向け試乗会/技術説明会で、話を聞くことができた。

1988年にホンダが世界に先駆け、アドベンチャースポーツというコンセプトでリリースし、世界的にヒットしたアフリカツインは、V型2気筒エンジンを搭載していたが、新型では並列2気筒。Vツインにこだわりはなかったのか。

「過去にとらわれないエンジン選定でした。形、大きさ、重さ、必要なスペック、全体のパッケージの中でベストだったのが、Vツインではなく並列2気筒です」

「熱烈な人気がある前作のファンが求めていたのは、オフロードで感じられるトラクション性能とパルス感でした。Vツインにこだわる必要はないと思い、そこで考えたのが、不等間隔爆発の270度位相クランクです」

軽量でコンパクトなパッケージを実現しているのも、大きな特徴だ。

「ユニカムバルブトレインを採用することで、コンパクトなシリンダーヘッドを実現しています。また、クランクケース内蔵オイルタンク式ドライサンプ構造や、クラッチケースにウォーターポンプを内蔵することで、クラストップレベルの最低地上高を実現するのに貢献しています」

軸配置を何十回、何百回とやり直して基本のエンジン設計を練り上げた飯田氏。長距離走行でも快適なパワーフィーリングと、オフロードでのトラクション性能、パルス感を高い次元で持たせたパワーユニットに仕上がったと、自信を見せる。

  • 青木タカオ
  • 270度位相クランクの新開発パラレルツイン。《撮影 青木タカオ》
  • 270度位相クランクの新開発パラレルツイン。《撮影 青木タカオ》
  • 本田技術研究所二輪R&Dセンターの飯田晃祥氏《撮影 青木タカオ》
  • CRF1000L Africa Twinメディア向け技術説明会にて。《撮影 青木タカオ》
  • CRF1000L Africa Twinメディア向け技術説明会にて。《撮影 青木タカオ》
  • CRF1000L Africa Twinメディア向け技術説明会にて。《撮影 青木タカオ》
  • CRF1000L Africa Twinメディア向け技術説明会にて。《撮影 青木タカオ》
  • CRF1000L Africa Twinの直列2気筒エンジン。《画像 ホンダ》
  • CRF1000L Africa Twinの直列2気筒エンジン。《画像 ホンダ》
  • CRF1000L Africa Twin開発陣。メディア向け試乗会にて。《撮影 青木タカオ》
  • CRF1000L Africa Twin開発陣。メディア向け試乗会にて。《撮影 青木タカオ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ