ケンウッド、3M高解像度録画対応のドライブレコーダー発売…運転支援機能も搭載

テクノロジー レスポンス

ケンウッドは、運転支援機能を搭載した高画質ドライブレコーダー「DRV-610」「DRV-410」の2モデルを3月上旬より発売する。

新製品は、高画質CMOSセンサーを採用し、フルハイビジョンを超える3M(2304×1296)の高解像度録画を実現。ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで鮮明に記録することができる。

また、ドライブをサポートする「運転支援機能」を搭載。前方衝突や車線逸脱、発進遅れに対し警告を発し、安全運転をサポート。Gセンサーを搭載し、「常時録画」「手動録画」「イベント(衝撃感知)記録」、さらに、車載電源ケーブル(別売オプション)を使用することで、長時間の駐車録画にも対応する。

液晶モニターはDRV-410が1.5型、上位モデルのDRV-610は2.7型を搭載。DRV-610はさらに、記録したファイルを簡単にバックアップできるダブルmicroSDカードスロットを装備するほか、12V/24V両対応のシガープラグコードを付属する。

価格はいずれもオープン。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ケンウッド DRV-610/DRV-410
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ