ランボルギーニのヴィンケルマンCEO、アウディ高性能車部門に異動

業界 レスポンス

10年以上に渡って、イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニを率いてきたステファン・ヴィンケルマン社長兼CEO。同氏が、ランボルギーニからアウディへ、異動することが分かった。

これは2月23日、ランボルギーニの親会社、アウディが明らかにしたもの。同社は、「ステファン・ヴィンケルマン氏を、アウディ・クワトロ社の新CEOに起用する」と発表している。

ステファン・ヴィンケルマン氏は現在51歳。2005年1月、ランボルギーニの社長兼CEOに就任した。将来に向けた投資を実行し、ランボルギーニを世界を主導するスーパーカーメーカーに成長させた。

2015年、ランボルギーニは全世界で3245台を販売。過去最高の販売台数を達成したのも、ステファン・ヴィンケルマン氏の功績による部分が大きい。

同氏にとって、新天地となるアウディ・クワトロ社は、アウディの100%子会社。アウディの高性能車、「RS」シリーズや『R8』など「R」モデルの開発を手がけている。

  • 森脇稔
  • ステファン・ヴィンケルマン氏《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ