レクサス、東京タワー大展望台にお風呂を展示…究極のホスピタリティ体験

業界 レスポンス

レクサスは、3月4日より東京タワー大展望台に「天空の湯会」と銘打ち、小山薫堂プロデュース、隈研吾デザインによる「風呂」を展示する。

レクサスは、今の時代にふさわしい「LUXURY」を追い求め、独創的な活動を続けている。今回の施策は、レクサスの考える新しい上質探しの旅を続けるテレビ番組「上質の地図-GRAND ATLAS-」のスペシャルプロジェクトとなる。

プロジェクトリーダーを務める小山薫堂氏は、日本が世界に誇ることのできる可能性を秘めた文化として「風呂」に着目。この文化を広げるために考えた方法は、高さ150メートル東京タワー大展望台に「風呂」を設置するというものだ。湯室を設計するのは、国際的建築家、隈研吾氏。隈研吾氏ならではの解釈により「風呂」は分解、再構築され湯道へと昇華する。

レクサスでは、究極のホスピタリティ体験「天空の湯会」を3月4日から31日まで東京タワー大展望台1階で展示。3月4日には応募当選者のみが入れる特別入浴体験も予定している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 小山薫堂氏
  • 隈研吾氏
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ