【スズキ アルトワークス 復活】5速MT シフトデバイスは新規専用設計

新車 レスポンス

スズキから発売された『アルトワークス』は、専用チューニングなどを施すことで、ワークスの名に相応しい性能を誇っているという。

ワークスの開発コンセプトは、「“クルマを操る面白さを追求し、さらに走りを磨きあげた軽ホットハッチ”とし、ターボRSとは性格の異なるクルマを目指している」と話すのは、スズキ広報部の神原圭吾氏だ。「ワークスという名称を使うからには性能面での妥協はできないので、ワークス専用チューニングと、ワークスに相応しいデザインを採用している」と話す。

そのワークス専用チューニングは、マニュアルトランスミッション、エンジン、サスペンション、レカロシートが挙げられる。今回ワークスには5速マニュアルと5速AGSの二つが用意され、特に5速マニュアルはワークスのための専用新規開発品である。

アルトの標準車にも 5速マニュアルの設定はあるが、神原氏は「ワークスに求められるスポーティな走りを実現するためにミッション本体についてはギア比の見直し、シフトデバイスについては専用開発を行った」と説明。具体的には、ミッション本体は 5速マニュアルの標準車と比べ、1から4速をクロスレシオ化することで、シフトアップ、ダウン時のエンジン回転数の落差を少なくし、「スポーティな走りの実現とシフトチェンジする楽しさを味わえるようにしている」という。

また、シフトデバイスについてはショートストローク化のためワークス専用の設計となっており、「シフト操作時のダイレクト感や、カチッとした節度感を大幅に向上させている」とシフトフィーリングについても注力したことを語った。

  • 内田俊一
  • スズキ アルトワークス《撮影 内田俊一》
  • スズキ アルトワークス《撮影 内田俊一》
  • スズキ アルトワークス《撮影 内田俊一》
  • スズキ アルトワークス《撮影 内田俊一》
  • スズキ アルトワークス《撮影 内田俊一》
  • スズキ アルトワークス《撮影 内田俊一》
  • スズキ アルトワークス《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ