ホンダ八郷社長、PHVなど四輪の電動化比率「30年めどに3分の2に」

業界 レスポンス

ホンダの八郷隆弘社長は2月24日、都内の本社で記者会見し、PHV(プラグイン・ハイブリッド車)などの電動化車両の販売比率を「2030年をめどに3分の2に置き換えていく」との方針を表明した。

四輪車のグローバルでの販売目標として掲げた。PHVをはじめHV(ハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)、EV(電気自動車)などを電動化車両としている。ホンダの2015年の電動化車両の販売はHVを中心に23万台規模で、販売比率は5%ほどにとどまっている。

八郷社長は、30年時点での全ての四輪販売量に占めるそれぞれの電動化車両の比率について「PHVとHVが50%以上、FCV、EVのゼロエミッション車が15%くらい」とのイメージを示した。また、八郷社長はこうした環境対応車両のなかでは「PHVを今後の中心と定め、順次設定・拡充を図っていく」との考えも強調した。

  • 池原照雄
  • ホンダアコード PHEV
  • ホンダ クラリティ フューエル セル(東京モーターショー15)《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ