ホンダ シビック セダン、日本再投入を検討…八郷社長「2年以内に」

新車 レスポンス

ホンダの八郷隆弘社長は2月24日、都内にある本社で会見し、新型『シビック』を2年以内に日本市場にも投入する考えがあることを明らかにした。

八郷社長は「昨年11月に北米でフルモデルチェンジ迎えたシビックは新型プラットフォームに加えて、ダウンサイジングエンジンを採用した。今後もアジアや中国など各地域での発売を控えており、日本でも販売を検討していく」と述べた。

ホンダは2011年にデビューした9代目シビック以降、スポーツタイプを除き日本市場では販売していないが、「いろいろと日本市場を見たり、販売店の話を聞いても、シビッククラスのセダンを望まれているお客様はいる。とくに少しスポーティな先進的なセダンを望まれているお客様も多いということで、少し輸入車に傾いているというところもあるので、もう一度我々として、そこをしっかりとお客様に提案できないかということで販売の検討をしている」と八郷社長は説明。

具体的な投入時期に関しては「まだはっきりいえないが2年以内にやっていきたいと思っている」との見通しを示した。

  • 小松哲也
  • ホンダ 八郷隆弘 社長 会見《撮影 小松哲也》
  • ホンダ 八郷隆弘 社長 会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ