【シカゴモーターショー16】ラム パワーワゴン に2017年型…ブラックフェイスで力強く

新車 レスポンス

米国の自動車大手、FCA USの「ラム」ブランドは2月11日、米国で開幕したシカゴモーターショー16において、2017年モデルの『パワーワゴン』を初公開した。

パワーワゴンはもともと、1945-1980年まで、ダッジブランドから発売されていた4WDトラックを指す。ラムブランドは2005年、パワーワゴンを復活。FCAの主力フルサイズピックアップトラック、ラム『2500』をベースにした高性能モデルに位置付けられる。

パワーワゴンの2017年モデルでは、外観の力強さを強調。フロントマスクは、従来のクロームトリムを廃し、マットブラック仕上げとした。グリルやバンパーのデザインも見直す。リアバンパーやホイールも新デザイン。室内は、シート生地が新しい。

2017年モデルは、V型8気筒ガソリン「HEMI」エンジンを継続搭載。6.4リットルの排気量から、最大出力410ps/5600rpm、最大トルク59.3kgm/4000rpmを発生する。低負荷走行時には、エンジンを一部停止する気筒休止システムを採用。

このパワフルなV8ユニットのおかげで、最大牽引力は4900kgを確保。フロントバンパーには、電動ウインチが装備され、オフロードでのスタック脱出を容易にした。ベース車両に対して、引き続きアンダーガードの追加や最低地上高の引き上げも図られている。

  • 森脇稔
  • ラム パワーワゴン の2017年型
  • ラム パワーワゴン の2017年型
  • ラム パワーワゴン の2017年型
  • ラム パワーワゴン の2017年型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ