蜃気楼に浮かぶ謎のクーペ…その正体は!?

新車 レスポンス

光りが屈折する、蜃気楼の中に姿を現した一台のクーペ。その特徴的フロントマスクから「ベントレー」であることは確認出来るが、車種の断定までには至らない、謎のクーペの正体は…。

カメラマンによれば、2015年のジュネーブモーターショーで突如現れたベントレーの2シータースポーツ『EXP 10スピード6』の市販モデル、又は『コンチネンタル GT』次期型の可能性があると言う。

ロングノーズにワイドなロングCピラー。厳重なカモフラージュによって判別はつかず、どちらのモデルであってもおかしくはない。

「スピード6」市販モデルでは、最高馬力500ps以上の電動パワーユニットを搭載、航続距離は500kmを目指すと噂される一方で、「コンチネンタルGT」次期型は、ベントレー初のSUV『ベンテイガ』に搭載される、最高馬力600ps以上を叩き出す、6リットルW型12気筒ターボエンジンが搭載されると予想されている。

どちらにしても、蜃気楼から覚める実車を間近に見られる日は遠くはなさそうだ。

  • 子俣有司@アポロニュースサービス
  • ベントレー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ベントレー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ベントレー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ベントレー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ベントレー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ