吹雪による視界悪化が原因か、約1km区間で25台関係の多重衝突

社会 レスポンス

24日午前11時45分ごろ、北海道北広島市内の道央自動車道下り線で車両16台が関係する多重衝突事故が発生した。吹雪による視界の悪化が事故を拡大させたとみられ、別の場所でも9台が関係する事故が発生し、合計で6人が負傷している。

北海道警・高速隊によると、現場は北広島市大曲末広付近で片側2車線の直線区間。事故当時は吹雪で視界が非常に悪い状態だったが、スリップした車両に後続車が突っ込むなどして16台が関係する多重衝突に発展。約1km離れた場所でも9台が関係する多重衝突が発生している。

16台が関係した現場では5人が打撲などの軽傷。9台が関係した現場では1人が軽傷を負い、いずれも近くの病院へ収容されている。この事故の影響で一時は約200台の車両が足止めされるなどして、一般道を含めて周辺の交通が長時間に渡って混乱。札幌市内から新千歳空港に向かうバスは終日運休になるなど、空路の利用客にも影響が出ている。

現場の路面は圧雪アイスバーン状態で非常に滑りやすかった。警察では事故の当事者から事情を聞き、発生に至った経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ