メルセデス Eクラス 新型、ドイツ工場で生産開始

新車 レスポンス

ドイツの自動車大手、ダイムラーは2月26日、新型メルセデスベンツ『Eクラスセダン』の生産を、ドイツ・ジンデルフィンゲン工場で開始した。

新型Eクラスセダンは1月、デトロイトモーターショー16でワールドプレミア。メルセデスベンツのミディアム車としては、10世代目となる新型は、「最もインテリジェントなビジネスサルーン」をテーマに開発。セミ自動運転機能の「アクティブレーンチェンジアシスト」など、数々の先進装備を導入する。

外観は、エモーショナルなデザインを追求。クーペのような流麗さに、力強さを兼ね備えた洗練かつスポーティなデザインを提示する。ボディサイズは、全長が先代比で43mm長い4923mm。ホイールベースは先代よりも65mm延ばされ、2939mmとした。

室内は、ダッシュボード中央に大型モニターを採用。12.3インチ(31.2センチ)のワイドモニターが、オプション設定される。また、ドライバー正面のメーターも、アナログとデジタルの2種類を用意。デジタルの場合、サイズは同じく12.3インチ。30センチ以上の巨大スクリーンが2つ並ぶ未来的なインテリアとなる。

2月26日、新型の量産第一号車が、ジンデルフィンゲン工場からラインオフ。ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車生産担当、マルクス・シェーファー取締役は、「今、目の前に、世界最高の従業員によって生産された世界で最もインテリジェントなビジネスサルーンがある」と述べ、新型の完成度に自信を示している。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ