【ボルボ XC90 新型】フロントアクスルからAピラー付け根の長さがポイント

新車 レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンはボルボの次世代デザインをまとった最初の生産車、『XC90』を発売した。

この次世代デザインは、ボルボがここ数年で発表してきたスタディコンセプトモデル3部作が由来となる。1台は東京モーターショー2013にも出展された『コンセプトクーペ』、次に『コンセプトXCクーペ』、『コンセプトエステート』だ。これらのコンセプトモデルのデザイン言語をベースにした、「このXC90から始まる新しい 90シリーズが新しいボルボデザインのジェネレーションになっていく」とは、同社マーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也氏の弁。

このデザインの大きなポイントは、フロントホイールアクスルからAピラー付け根までの長さにある。岡田さんは、「FFベースのクルマにとってこの寸法に余裕を持たせることが、全体のプロポーションの格好良さを決める重要な要素だ」と明かす。これが実現できたのは、「新プラットホームである、SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)を開発できたからで、これは縦、横、高さを自在に変幻することが可能だ」と話す。

さて、このデザインにはディテールにもこだわりがある。そのひとつがヘッドライトだ。新開発のLEDヘッドライトはTシェープをしており、「ボルボの社内ではトールハンマーと呼んでいる。トールというのは北欧神話に出てくる雷神で、その神様がハンマー型の武器をふりおろすと雷鳴がとどろく。この雷神のライトニングと、ボルボの新 L EDヘッドライトの形状にストーリーがあるのだ」と説明。

また、テールライトのデザインも、「XC 90伝統の縦長のテールライトが採用されているが、注目すべきは下の形状だ」と岡田氏。「アルファベットのCを迎え合わせたような形状が、この後出てきたセダンの『S90』、それからステーションワゴンの『V90』と共通するリアの特徴となっている」と語った。

  • 内田俊一
  • ボルボ XC90《撮影 内田俊一》
  • ボルボ XC90《撮影 内田俊一》
  • ボルボ XC90《撮影 内田俊一》
  • ボルボ XC90《撮影 内田俊一》
  • ボルボ コンセプトクーペ《参考写真》
  • ボルボ コンセプト XC クーペ《撮影 吉田瑶子》
  • ボルボ・コンセプト エステート(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ