日本特殊陶業、スパークプラグ用部品の新工場を本格稼働…年10億個生産体制へ

業界 レスポンス

日本特殊陶業は、愛知県小牧市でスパークプラグ用部品工場が完成、竣工式を実施した。3月から操業開始する。

同社は、主力製品スパークプラグ事業で2020年に年10億個の生産体制構築を目指して各拠点の生産能力の増強と、新工場立ち上げを進めている。今回竣工した新工場は、製造子会社の日特スパークテックWKSの新工場としてスパークプラグの中心電極、端子などの部品を製造する。

竣工式で同社の尾堂真一社長は「これまで日特グループの屋台骨となってきたスパークプラグ事業をさらに進化させていく上で、新工場が果たす役割は非常に大きなものになる」と述べた。

新工場は日特スパークテックWKSの本社工場として運営する。これによって日特スパークテックWKS全体の生産能力を、2020年までに現状能力から約30%増やす計画。

  • レスポンス編集部
  • 竣工式の様子
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ