配車サービス Uber、富山でスマホアプリ利用したシェアリング交通の実証実験

業界 レスポンス

富山県南砺市は、スマートフォンを活用したハイヤーやタクシーの即時手配サービスを提供するウーバー・ジャパンと協定を締結した。

南砺市では、高齢化・過疎化が進む中、南砺市営バス(なんバス)を運行し、一部地域ではオンデマンド運行を実施するなど、地域住民の移動ニーズに対応してきた。しかし、既存のサービスだけでは公共交通の利便性に関する満足度は低く、採算性にも課題がある。そこで南砺市では、ウーバーのスマートフォンアプリ内でドライバーと乗客をマッチングする機能を利用することにより、利便性向上を目指す。

ウーバーが提供するドライバーと利用者をマッチングするスマートフォンアプリを活用、タクシー配車や、ボランティア市民ドライバーによる自家用車を利用し無償を前提としたシェアリング交通などの実証実験を南砺市で実施するため、調査研究を進める。

訪日外国人が増加している中で、南砺市でも外国人来訪者が増加傾向にあるが、二次交通では、言語や現金のやりとりなどの課題がある。35言語に対応し、クレジット決済機能をもつウーバーのアプリを導入することで、二次交通の課題を解決、外国人旅行者のモビリティの向上も目指す。

今後、スマートフォンアプリを利用した新たな交通オプションを提供していくことにより、地域の交通課題解決に加え、地域経済の活性化、観光立国実現や地方創生などに貢献していく。

  • レスポンス編集部
  • Uberの画面イメージ。「乗車記録」画面で、誰にいくら支払ったか確認できる《撮影 関 航介》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ