【ジュネーブモーターショー16】VW、デジタル化を推進…世界3か所に開発センター

新車 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、今後の事業戦略を明らかにした。

今回、フォルクスワーゲングループが掲げた最重要戦略が、デジタル化の推進。そのために同社は、欧州(ドイツ・ポツダム)、アジア(中国)、米国カリフォルニアの世界3か所に、「フューチャーセンター」を開設すると発表した。

フューチャーセンターでは、未来の車を開発するために、デザイナーやデジタル化のエキスパートが一緒に働く。デザインとデジタル化を統合するのが、フューチャーセンターの狙い。

そして、顧客体験、インターフェイスデザイン、操作ロジック、新インテリアコンセプト、インフォテインメント、エンターテインメントの各分野において、フォルクスワーゲンがクラス最高の車になることを目指す。

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOは、「我々はデジタル化時代に向けて、グループデザインを再編成する」と述べている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンブース(ジュネーブモーターショー16)《撮影 関 航介》
  • フォルクスワーゲン Tクロス ブリーズ(ジュネーブモーターショー16)《撮影 関航介》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ