ZMP、自動運転車両の研究・開発向けに RoboCarミニバン公道走行パッケージ

テクノロジー レスポンス

ZMPは、各種センサ・コンピュータを搭載した研究開発用の自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar ミニバン公道走行パッケージ」の受注を3月2日より開始した。

新製品は、市販ハイブリッドミニバンをベースとした自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar ミニバン」に、自動運転に必要な装備を付加した実験用車両。周囲をセンシングするレーザスキャナやステレオカメラ、車両の位置や挙動を計測するGPSや慣性センサ、取得したセンサデータを統合し自動運転を行う車載コンピュータIZACなどを搭載する。

RoboCarシリーズはテストコースでの利用を対象としていたが、新パッケージでは公道での自車位置推定に必要となる高精度マップの利用やナンバーの取得、また公道走行時のリスクアセスメントについてもサポート。またベース車両はトヨタ『エスティマハイブリッド』となるが、他車両への変更にも対応する。

新製品は、すでにロボットタクシー株式会社が2月29日より神奈川県藤沢市湘南ライフタウンにて、公道での自動運転体験サービス実証実験で利用を開始。このように、公道での自動運転車両を用いたサービスの研究開発や、自動運転車両におけるユーザインタフェースの研究開発、ADAS(先進運転支援システム)向けセンシングシステムなどの研究開発における実験車両として活用できる。

価格は応談。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ