世界最速のEVスポーツ、SP:01…中国に第一号車を出荷

エコカー レスポンス

デトロイトエレクトリック社は2月25日、新型EVスポーツカー、『SP:01』の量産第一号車を、英国工場から中国に出荷した。

デトロイトエレクトリック社は1912年、米国ミシガン州デトロイトに設立。当時としては、画期的だった電気自動車を生産していた。ところが1930年代に、会社は消滅する。

2008年、英国ロータスエンジニアリングの元CEO、Albert Lam氏らによって、デトロイトエレクトリック社が復活。新生デトロイトエレクトリック社が送り出す最初のEVが、SP:01。

SP:01は、ロータス『エキシージ』のシャシーがベース。ミッドシップに積まれるモーターは、最大出力285hp。カーボンファイバー製のボディは、EVスポーツとしては世界最軽量に仕上げられる。パフォーマンスは、0-100km/h加速が3.9秒、最高速は249km/h。

2月25日、SP:01の量産第一号車を、英国工場から中国に出荷。中国の販売代理店、Jowett Motors社のリチャード・リー会長に、白いボディカラーのSP:01が引き渡された。同車は中国の見込み客に向けた試乗車として、活用されるという。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ