【ジュネーブモーターショー16】トヨタ RAV4 ハイブリッドに「サファイア」…全身ブルー

新車 レスポンス

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、『RAV4ハイブリッド・サファイア』を初公開した。

RAV4ハイブリッドは2015年4月、米国で開催されたニューヨークモーターショー15でワールドプレミア。歴代『RAV4』にハイブリッドが設定されたのは、初めて。現行RAV4は2012年秋、ロサンゼルスモーターショー12でデビュー。現行型は4世代目。なお、日本仕様はモデルチェンジせず、3代目が継続販売されている。

ハイブリッドシステムは、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、モーターを組み合わせたもの。システム全体では、197hpのパワーを発揮。トランスミッションは「E-CVT」。0-100km/h加速8.7秒、最高速180km/hの性能を備える。欧州仕様の環境性能は、欧州複合モード燃費は20.4km/リットル、CO2排出量は115g/km。

ジュネーブモーターショー16で初公開されたRAV4ハイブリッド・サファイアは、RAV4ハイブリッドをベースにしたコンセプトカー。専用のブルーのボディカラーをはじめ、ボディ同色バンパー&サイドシルを採用。グリルやルーフレールには、クロームの装飾を施す。アルミホイールは専用の20インチ。

室内は、ブルーのステッチ入りのレザーシート、ピアノブラックパネルなどを装備。RAV4ハイブリッド・サファイアはコンセプトカーだが、トヨタモーターヨーロッパは、「近い将来、欧州仕様車で選択可能な装備になる」と説明している。

  • 森脇稔
  • トヨタ RAV4ハイブリッド・サファイア
  • トヨタ RAV4ハイブリッド・サファイア
  • トヨタ RAV4ハイブリッド・サファイア
  • トヨタ RAV4ハイブリッド・サファイア
  • トヨタ RAV4ハイブリッド・サファイア
  • トヨタ RAV4ハイブリッド・サファイア
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ