BMWジャパン、2016年はMモデルを4台導入予定

業界 レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『M6 GT3』でSUPER GT2016に参戦するBMW Team Studieを3年連続でコラボレーションパートナーとしてのサポートを行うと発表。また、同社は今年、市販のBMW Mモデルの導入を強化する予定だという。

ビー・エム・ダブリュー代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏は、「特に今年のSUPER GTに関心を持っている」と話す。その理由は、「BMWグループが100周年を迎えるということと、2016年はBMW Mにおいても非常にエキサイティングな年になる予定だからだ」という。

今年最初に“M”の称号を付けた新型車は『M2』で、「最もコンパクトなMモデルだ」とクロンシュナーブル氏。日本での発表は、「5月のSUPER GTシリーズ第二戦、富士でお披露目する予定だ」と述べる。

また、「2016年は東京モーターショー2015でワールドプレミアした『M4 GTS』が日本で発売になる年でもある」とクロンシュナーブル氏。「これだけでもBMWがいかに日本のレースシーンを尊重しているかがわかるだろう」とコメント。これら以外にもBMW『X4 M40i』と、7シリーズの『M 760i』が導入予定だ。

BMW Team Studieが今年使用するマシンはM6 GT3で、昨年同チームが使用した 『Z4 GT3』に代わるものだ。クロンシュナーブル氏は、「今シーズンもMブランドのレースマシンで出走するということは BMW Mのプロファイルを日本のモータースポーツにおいて高めるだけではなく、(こういった)モータースポーツのマーケティング活動をさらに活用することで、BMW Mの市販モデルの認知にもつなげられると考えている」とレース参戦への期待を語った。

  • 内田俊一
  • BMW M6 GT3《撮影 内田俊一》
  • BMW M6 GT3《撮影 内田俊一》
  • BMW Team Studieの面々《撮影 内田俊一》
  • BMW M2クーペのMパフォーマンスパーツ《参考写真》
  • BMW M4 GTS(東京モーターショー15)《撮影 野口岳彦》
  • BMW X4 M40i《参考写真》
  • BMW M760Li xDrive《参考写真》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ