アウディ「2025年にはe-モビリティが販売の20〜25%に」…シュタートラー会長

業界 レスポンス

アウディのルパート・シュタートラー取締役会会長は3月3日にドイツで開いた年次報告会見で、プラグインハイブリッド車(PHEV)やバッテリー式電気自動車(EV)などのe-モビリティ(電動化車両)が2025年にはブランド全体の20〜25%を占めるようになるとの見通しを示した。

シュタートラー会長は「今後PHEVやピュアEVが増えていき、2025年には販売の20〜25%を占めるようになるとみている」と述べた。

また「e-モビリティはさらに新しい需要を形成する。我々の課題はこの変革をアクティブに、そして真剣に進めることだ」とする一方で、「ハイブリッド車やPHEVは今後10年以内の過渡的なテクノロジーと考えている。これと並行して2025年までに我々はピュアEVを様々な量産モデルに投入していく」との考えを示した。

さらに「アウディは内燃機関に置き換わる新しいテクノロジーのノウハウを研究する。水素やバッテリー、モーターなどの専門家を積極的に採用し開発を進める。2016年は約1200人の専門家をドイツで採用する。現在、我々の製造部門はe-モビリティの次のステップに向けてスタートできるよう準備を進めている。2018年からブラッセルで最初の量産化EVとなるSUVの生産を開始する。この工場ではバッテリー組み立て工程も持ち、フォルクス・ワーゲン(VW)グループのキープラントになる」とも明かした。

《取材協力》

アウディジャパン

  • 小松哲也
  • アウディ 取締役会会長 ルパート シュタートラー 氏(右)《撮影 小松哲也》
  • アウディ Q7 e-トロン(東京モーターショー15)《撮影 雪岡直樹》
ランキング
中古自動車中古バイク
カーライフ注目情報
自動車&バイクについて
gooサービス
goo 自動車&バイク:
自動車&バイクトップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ