てんかん発作で6人死傷の暴走事故を起こした男、危険運転罪で起訴

社会 レスポンス

昨年10月、宮崎県宮崎市内の県道で軽RVを運転中にてんかん発作の症状を起こし、6人を死傷させる事故を起こしたとして、宮崎地検は2日、クルマを運転していた73歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)罪で起訴した。

問題の事故は2015年10月28日の午後2時50分ごろ発生している。軽RVは宮崎市の中心部にあたる橘通東4丁目付近の交差点から道路左側の歩道へ乗り上げ、そこから高千穂通2丁目付近のJR宮崎駅まで約700mに渡って30-40km/hの速度を維持したまま暴走。途中の数か所で歩行者や自転車に衝突し、最終的には歩道内に設置されていたベンチを支えるコンクリート壁に衝突。跳ね上がるようにして交差点中央に落下し、ここではねられて下敷きとなった2人が死亡。中間地点ではねられた4人が重軽傷を負った。

運転していた鹿児島県日置市内に在住する73歳の男も頭部強打の重傷を負ったが、男にはてんかん発作の症状があったことが判明。地検は約2か月半に及ぶ鑑定留置を実施したが、男は自身の症状を認識しており、刑事責任を問えるものと判断。「事故当時はてんかん発作の影響で正常な運転ができる状態ではなかった」として、男を危険運転致死傷の罪で起訴した。

起訴内容について、男の認否は明らかになっていない。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ