トヨタ、インドネシア新エンジン工場が稼働開始…主要工程を一つの建屋に集約

業界 レスポンス

トヨタ自動車は、インドネシアの車両生産会社トヨタ モーター マニュファクチャリング インドネシアが新エンジン工場を建設し、2月に生産を開始したと発表した。

新工場は、西ジャワ州カラワン市に位置し、生産能力は年産21万6000基、投資額は約2兆3000億ルピア(約205億円)、新規雇用は約400名。排気量1.3および1.5リットルのNRエンジンを生産し、一部は輸出する。

新工場は「シンプル&スリム」「フレキシブル」をキーワードに、革新的生産技術を織り込むと同時に、より安全で環境に優しい工場づくりを追求。その結果、トヨタとして初めて、エンジン工場の主要工程「鋳造」「機械加工」「組み付け」を一つの建屋に集約し、コンパクトで需要変動に強い工場を完成させた。

従来、鋳造工程は大型設備と広範な作業スペースを必要とし、工程で生じるヤニ・チリ・熱が、後工程(機械加工・組み付け)へ悪影響を及ぼすため、鋳造工程とそれ以外の工程を、別々の建屋に設置していた。今回、鋳造機直結の溶解炉や無機砂中子など、トヨタの海外工場初となる生産技術を採用し、鋳造工程と他の工程を一つの建屋へ集約。工場設備の初期投資部分を2008年比で約40%低減を達成し、さらに中間在庫をもたないよりリーンなエンジン生産体制を実現した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ