【スーパー耐久 第3戦】敗者復活予選など、新フォーマットで開催…鈴鹿

モータースポーツ レスポンス

モビリティランドは、鈴鹿サーキットにて6月11日・12日に「スーパー耐久シリーズ2016第3戦 『SUZUKA“S耐"サバイバル』」を開催する。

2016年のスーパー耐久シリーズは、昨年の50台を大きく上回る65台の年間エントリーがあり、鈴鹿ラウンドのレースフォーマットも大きく変化。そのひとつが、土曜に開催される「セカンドチャンス100」で、各クラスの公式予選を通過できなかった車両がエントリーする100分間のいわば「敗者復活」レース。このレースで上位に残ることができなかったチームは、翌日のレースに参加できないため、決勝進出のチャンスを懸けたサバイバルレースは、最後まで目の離せない戦いとなりそうだ。

また、決勝レースは昨年よりも1時間長い4時間耐久レースで行われ、チェッカー予想時刻は日の入り後の19時20分前後となる。1時間の延長によってより過酷さを増す薄暮でのレースクライマックス、それを乗り越えた者たちだけが受けられる夕闇のチェッカーというドラマチックなゴールが期待される。

スーパー耐久のマシンは、FIA-GT3車両が参戦する「ST-Xクラス」を筆頭に、全6クラスで国内外から多種多様なスーパーカーがエントリーし、一斉にスタートする迫力あるレースシーンを見ることができる。さらに、鈴鹿初となる「ランボルギーニ ブランパン スーパートロフェオ アジアシリーズ」も同時開催する。

前売チケットは4月10日より発売を開始。前売観戦券は1日分のパスポート付で4000円(大人)。鈴鹿サーキットならではの楽しみ方として、お得にレースと遊園地を利用できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ