横浜ゴムとコンチネンタル、OEM合弁会社の精算で合意

業界 レスポンス

横浜ゴムとコンチネンタルは3月8日、ヨコハマコンチネンタルタイヤ(YCC)設立のために締結したOEM合弁契約を解除し、YCCを発展的に解消することで合意した。今後、両社は、YCCを清算する手続きを進め、2016年3月末までに完了する予定だ。

YCCは、日本および韓国の自動車メーカーのグローバル調達に応えるために2002年設立。以後14年間に渡り操業を継続し、YCC設立当初の目的は達成された。その間、両社はそれぞれ、グローバル生産ネットワーク網を構築し、対応力を強化。今回、YCCを発展的に解消し、今後、個々にグローバルビジネスを拡大していくことで合意した。

横浜ゴムは、タイヤ事業戦略の柱のひとつに「グローバルOE市場への注力」を掲げ、新車用タイヤの海外納入本数を2014年に対し2020年には約4倍に拡大する計画を推進。すでに日本自動車メーカーの海外輸出車へのOE納入に加え、中国、タイ、フィリピン、ロシアのタイヤ工場からのOE納入を拡大している。今回のYCC解消により、横浜ゴムは独自のグローバル生産ネットワークを活用し、さらなる海外新車装着事業の拡大を図っていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • コンチネンタル(ロゴ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ