マツダ×井原慶子、モータースポーツでの活躍を目指す女性を募集

モータースポーツ レスポンス

「Mazda Women in Motorsport Project」は、3月9日より第2期生の募集を開始した。同プロジェクトでは、2016年度から3年間の中期目標を立て、モータースポーツを楽しむ層に加え、世界で活躍する女性ドライバー・エンジニア・メカニックの育成も目指す。

同プロジェクトは、FIA(国際自動車連盟)とJAF(日本自動車連盟)が提唱する「WOMEN IN MOTORSPORT」の活動へマツダが賛同し、FIA Women in motorsport commission アジア代表委員の井原慶子氏とともに「自動車産業およびモータースポーツ界における女性の活躍」を推進していくプロジェクトとして2015年1月に発足。昨年は、年齢や国籍、キャリアなどを問わずに募集したところ、18歳から68歳の数百名の女性から応募があり、26名が最終合格。学生や主婦、医師、僧侶などモータースポーツを志す幅広い層の女性が集まり、全4回の合宿を経て希望者は全員レースデビューを果たした。

2年目となる2016年度は、マツダ・美祢試験場やサーキットで行われる訓練のほか、米国のマツダレースウェイ・ラグナ・セカで行われる「グローバルMX-5カップ」や「スーパー耐久」などの参戦機会も用意されている。

募集人数は10名程度で、募集締切は3月23日まで。普通運転免許証(AT限定不可)要。前年同様、年齢や国籍は問わず、自動車産業およびモータースポーツにおいて世界レベルでの活躍を目指す女性を広く募集する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Mazda Women in Motorsport Project
  • Mazda Women in Motorsport Project
  • Mazda Women in Motorsport Project
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ