ダイムラー、シンガポールに商用車部門の東南アジア拠点を開設

業界 レスポンス

ドイツの自動車大手、ダイムラーは3月2日、商用車部門の東南アジア拠点をシンガポールに開設した。

ダイムラーは、重要な成長市場である東南アジア地域における商用車事業を、さらに加速させる計画。シンガポールの新拠点が、東南アジア18か国に対して、メルセデスベンツブランドのトラックとバス、商用バン、FUSOブランド車の販売やサービスを行う。

ダイムラーは2015年、東南アジア地域で年間4万台以上の商用車を販売。東南アジア全体の商用車市場の規模は、およそ22万5000台。ベトナムは前年比92%増、フィリピンが27%増と伸びている。

今回のシンガポール拠点の開設記念式典において、ダイムラーは、1000台目となるメルセデスベンツ『シターロ』バスを、シンガポール交通局に納車した。

ダイムラーの商用車部門、ウォルフガング・ベルンハルト取締役は、「東南アジアの技術革新を主導し、物流のハブとなる拠点として、シンガポールは最高の場所」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ