BMWグループ通期決算、純利益は10%増…過去最高 2015年

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWグループは3月9日、2015年通期(1‐12月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、MINIやロールスロイスを含めたグループ全体の総売上高は、921億7500万ユーロ(約11兆4870億円)。前年の804億0100万ユーロに対して、14.6%増えた。

また、2015年通期の純利益は、63億9600万ユーロ(約7970億円)。前年の58億1700万ユーロに対して、10%増え、過去最高を達成している。

2015年の世界新車販売は、BMW、MINI、ロールスロイスの3ブランド合計で、初の200万台超えとなる224万7485台。前年比は6.1%増だった。ブランド別では、BMWが前年比5.2%増の190万5234台。MINIは12%増の33万8466台と回復。ロールスロイスは6.8%減の3785台と後退した。

グループ全体の2015年市場別実績は、中国が前年比1.6%増の46万4086台。中国を含めたアジア全体でも、4.2%増の68万5792台と伸びた。米国は2.2%増の40万5715台。欧州は初の100万台超えとなる100万0427台で、前年比は9.4%増。信用不安を抜け出し、2年連続のプラスとなった。

BMWグループのハラルド・クルーガー会長は、「2015年は、全ての野心的な目標を達成した。BMWグループの業績は、引き続き好調。創業100周年の年にまた一つ、素晴らしい業績を打ち立て、BMWグループは、世界の高級車を主導し続けている」と語っている。

  • 森脇稔
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW X1 新型
  • BMW X3
  • 新型BMW X5
  • BMW・4シリーズ グランクーペ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ