【ジュネーブモーターショー16】レクサス LC500h、0-100km/h加速は5秒以下

新車 レスポンス

レクサスが3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16でワールドプレミアした『LC500h』。同車に関して、動力性能の一部データが公表された。

LC500hは、1月のデトロイトモーターショー16で発表されたレクサスの新型最上級クーペ、『LC500』のハイブリッド版。レクサスが新開発した「マルチステージハイブリッド」を採用するのが特徴。

ハイブリッドパワートレインは、エンジンが「2GR-FXS」型3.5リットルV型6気筒ガソリン。最大出力300ps/6600rpm、最大トルク35.5kgm/4900rpmを発生する。エンジンとモーターを合わせたシステム全体では、360psのパワーを引き出す。

マルチステージハイブリッドは、2つのモーターを使用したハイブリッドシステムに、有段ギア(4速)の自動変速機構を組み合わせることで、エンジンとモーター両方の出力制御が可能に。エンジンの高回転化と合わせて、低速域ではエンジン使用領域を高回転側に拡大し、低速から力強い駆動力を生み出し、パワフルな走りを実現。加えて、低速域から高速域まで、システム効率の高い動作点を選択し、EV走行領域も拡大。これにより、エモーショナルな走りと燃費性能に優れた快適なクルージング走行を両立させる。

レクサスは、ジュネーブモーターショー16のプレスカンファレンスにおいて、LC500hの動力性能の一部データを公表。「0-100km/h加速は5秒以下。この数字が全てを物語る」、と自信を見せた。

この0-100km/h加速タイムは、レクサスが競合車に想定しているメルセデスベンツ『SL』の「SL400」グレードの4.9秒、BMW『6シリーズクーペ』の「650i」グレードの4.6秒に匹敵する性能。レクサスは、「LC500hのマルチステージハイブリッドは、次世代のパフォーマンスハイブリッドシステム」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • レクサス LC500h(ジュネーブモーターショー16)
  • レクサス LC500h(ジュネーブモーターショー16)
  • レクサス LC500h(ジュネーブモーターショー16)
  • レクサス LC500h
  • レクサス LC500h
  • レクサス LC500h
  • レクサス LC500h
  • レクサス LC500h
  • レクサス LC500h
  • レクサス LC500h
ランキング
中古自動車中古バイク
カーライフ注目情報
自動車&バイクについて
gooサービス
goo 自動車&バイク:
自動車&バイクトップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ